犬の噛み癖!直す方法はあるの??【痛い!やめて(泣笑)】

人が犬を噛むのは異常ですが、犬が人を噛んでも別に珍しいことではありません。

特に子犬のころは、兄弟で噛み合いっこをして遊ぶのが普通です。

でも成犬になっても同じように噛み付いてくるようになると、これは事件にもなりかねない危険な状況になります。

そうならないために、ここでは犬の噛み癖を直す方法を解説していきます。

犬の噛み癖とは

犬は動くものを見つければ、追いかけて噛み付きます。

ボールを投げれば追いかけて噛み付きますし、上述のように兄弟間でも噛み付き合って遊びます。

これはもはや「噛み癖」などではなく、噛むということが「習性」になっています。

噛み付き合うことで犬のコミュニケーションや、噛む力の抑制を学んでいくのです。

ですから犬に「何も噛むな」というのは不可能だと考えてください。

犬の噛み癖は直したほうがいいのか

こうした子犬のときに甘噛みされるだけであればまだ問題ありません。

ですが成犬になったときに、おもちゃを取り上げたり体を触ろうとしただけで噛もうとするようなケースもあります。

これは権勢症候群と言って、犬が、飼い主より自分のほうが立場が上であると認識してしまう症状です。

こうなってしまうと、犬は言うことを聞かなくなり、手がつけられない状態になってしまいます。

また、犬がそうした序列関係を認識しなかったとしても「噛んで遊ぶ」ということを成犬になっても続けていれば、普通に遊んでいるだけでも飼い主が怪我をしてしまうことが考えられます。

ですから犬の噛み癖は必ず直すべきです。

犬の噛み癖を直す方法

犬の噛み癖を直す方法は、「犬に、軽くでも人を噛むことを許さない」ことです。

犬に手や足を噛むことを許してしまうと、それが習慣化してしまい「人を噛むことは普通」だと認識していしまうようになるのです。

子犬が可愛いからといって、甘噛みを放置するのもいけません。

では具体的にはどのようにして噛まないようにすればいいのでしょうか。

手をおもちゃにしない

犬の前で手をひらひらさせたり、あたかも手に噛み付いてもいいよ、というような遊びをしてはいけません。

噛み付いてきたら、即座に手をひっこめてください。

もしくは後述のようにデコピンをして叱ってください。

手をまずくする

手に噛みついてこないよう、噛み付き防止スプレーを手に吹きかけるというのも良い手段です。

噛み付き防止スプレーとは、スプレーを噴射した箇所を苦くし、犬が噛みつけなくするスプレーです。

ただし、手のひらにはスプレーをしないようにしてください。

スプレーするのは手の甲だけです。

手のひらまでスプレーをしてしまうと、手全体を嫌うようになり、撫でられることも拒否するようになってしまいます。

なお、このスプレーは手に噴射するだけでなく、靴や柱など噛まれたくない物や場所などに吹きかけても効果があります。

おもちゃで遊ぶ

コング骨型の縄など、おもちゃを与えて噛み付きへの欲求を他で満たすようにします。

私の場合は、これらのおもちゃの他に、噛まれても痛くない分厚い手袋なんかを使っていました。

手袋ですと、コングのようにほったらかしにしたり、縄のように間接的に遊ぶのではなく、直接手で遊ぶことができたので、なかなかおすすめです。

ただし、後述のように「手」と「手袋」は別物であるということは、犬に認識させるようにしてください。

体罰

体罰と言っても、殴ったり蹴ったり、ということをするのではありません。

噛んだら、鼻っ柱をかるくデコピンをするんです。

鼻なのにデコピンとは妙な言い方ですけど、あの親指で中指に力を溜めて弾くアレです。

思い切りやる必要はありません。

こちらが、噛まれるのを嫌がっている、噛むことは禁止しているということが伝わればいいのです。

例えば上述のように手袋をして遊んだあと、手袋を外しても噛んできたときにデコピンをします。

これを何度か繰り返していくうちに「手袋がないときには噛んではいけないのだな」と認識するようになります

最後に

犬は、特に子犬のころは、手で直接なでたり噛まれたり、とにかくじゃれ合って遊びたいものです。

気持ちはよくわかります。

体とかモフモフですしね。

モフモフの体を撫でてる間、手を甘噛みされて、みたいなのに憧れますよね。

ですがここまで書いてきたとおり、それを許してしまうと成犬になったあとも、飼い主に噛み付くこと=遊び、という認識を持たせてしまいます。

なので必ず噛み癖は直しておきましょう。

また、この記事で書いた方法は、舐め癖も直すことができます。

子犬のころから舐め癖を直さないと、誰彼かまわず飛びついて顔を舐めるようになってしまいますので、犬にそうなってもらいたくないのなら、舐め癖も直しておくと良いでしょう。