犬が散歩でリードを引っ張るのを治したい【腕力アップさせる気か】

散歩は犬の大きな楽しみの一つです。

散歩のリードを持っただけで、シッポをブンブン振って「早くリードをつけろ!」と駆け寄ってくる様は、見ているだけでこちらも「よっしゃ!行くか!」という気にさせられます。

手元が狂ってリードを首輪に付けそこねて、カチっという音を聞いただけで出発しようとするので、慌てて「待て!」をすることもありました。

(散歩中はちゃんとリードに余裕を持たせて歩くのですが、出発のときだけは勢いよくなってしまうんです。)

そんな楽しい散歩ですから、犬も張り切って楽しもうと、リードを思い切り引っ張って先に進もうとします。

しかしこれは大変危険です。

突然歩いている飼い主の前をいきなり通り過ぎることもありますし、他の犬の方に駆け寄っていくこともあります。

犬が苦手だと言う人にもシッポを振って近づいていくかもしれません。

犬が大きくなったら、引っ張り返すこともできなくなるかもしれません。

ですから、犬が引っ張る癖は、必ず治して置く必要があります。

ここでは、犬がどうして散歩中にリードを引っ張ろうとするのか、そしてその癖を治す方法を解説していきます。

リードを引っ張る犬の心境

犬がリードを引っ張ろうとする理由を一つずつ見ていきましょう

好奇心が旺盛だから

子犬のときにリードを引っ張るのは、好奇心が旺盛だからです。

子犬にとっては、見るもの全てが珍しいので、駆け寄って調べてみたいのです。

家の中で飼っているときでも、一つのおもちゃに熱中したりすることもありますが、いろんなところを嗅いで回る様子があると思います。

それと同じことを外でしようとしています。

ですが家の中と同じように、外でいろんなものに駆け寄ることを許してしまうと、犬自身、飼い主、周りの人、物すべてが危険ですから、必ずやめさせる必要があります。

飼い主から離れようとしているから

散歩中、飼い主から離れたいがために引っ張る犬もいます。

別にこれは飼い主を嫌っているというわけではなく、飼い主から離れることで自由になりたいと考えているだけです。

散歩中、つねに飼い主であるあなたの斜め前に引っ張っているのであれば、この原因が考えられます。

動くものを追いかける習性があるから

犬には動くものを追いかける習性があります。

ですから近くを通りかかったランニングをしている人や自転車を、突発的に追いかけようとすることがあります。

犬がリードを引っ張るようになった原因

子犬のときの好奇心旺盛なときを除けば、犬が散歩中にリードを引っ張るようになってしまった原因は、飼い主であるあなたにあります。

好奇心旺盛な子犬のとき、あっちに行こうとしたり、こっちに行こうとしたりするのを許してきませんでしたか?

可愛い子犬が望むことですから、できるだけ聞いてあげたいのはわかります。

しかしこれを許してしまうと、犬は「自分が引っ張れば飼い主はついてくる」と認識するようになります。

また、逆に散歩中に引っ張りすぎるのも、犬がリードを引っ張る原因になり得ます。

人もそうですが、動物は、押されれば押し返し、引かれれば引き返す、ということを反射的に行います。

このことから、犬に引っ張りグセが付くようになります。

犬がリードを引っ張る癖を治すには

犬をしつけるときにすることは同じです。

命令どおりにやれば褒美を与え、背けば罰する。

リードの引っ張り癖を治すときも例外ではありません。

引っ張る癖の治し方
  1. まずは犬の好きに歩かせる
  2. 犬が引っ張ったら立ち止まる
  3. 犬に「来い」と命令して近寄らせる
  4. 来たら撫でて、進む
  5. 1~4を繰り返す

つまりここでは、犬が引っ張ったら「散歩ができない、前に進めない」という罰を与えています。

そして命令通り近寄って来たときには「撫でてもらえる、散歩の続きができる」という褒美を与えています。

これを続けていると、犬が「引っ張ってしまった」と認識すると、すぐに速度を落としてあなたの横に付くようになります。

犬が気づかずに速度を上げてしまったら、あなたはわざと速度を落とし、犬が気づくように仕向けてください。

近づいてきたらオヤツという褒美を与える、というやり方もあるみたいですが、私はやったことはありませんでした。

逆に「引っ張ったあと、命令通り近づけばオヤツがもらえる」と解釈してしまいかねないからです。

リードを引っ張る犬の癖を治すときの注意点

犬が引っ張るからと言って、犬を苦しませるような行為は絶対にやめてください。

たとえば、犬が引っ張っても、引っ張り返してはだめです。

あなたが立ち止まって、犬に「飼い主がついてきてくれない」と思わせれば、それで十分です。

次に道具に頼ってもいけません。

私、寡聞にして知らなかったのですが、犬を強制的にしつける道具があります。

「チョークカラー」「ハーフチョーク」「ショックカラー」。

チョークとは、「窒息する」を意味します。

チョークカラー、ハーフチョークカラーの図を見てもらえればわかるとおもいますが、どちらも犬が引っ張れば首が絞まるように設計された首輪です。

一番右の図、ショックカラーに至っては、犬が逆らったら電撃を加えるというものです。

これらは全て、国によっては「使っているだけで虐待行為」とみなされるものです。

確かに飼い主としてはラクができると思います。

しかし当事者である犬にとってはたまりません。

「緩めの電撃に設定してある」など、関係ありません。

少なくとも「犬が今やっていることを止めるだけの電流」は流しているわけですから。

犬との信頼関係を損なう可能性も多大にあります。

決して使わないようにしましょう。

最後に

上で「1~4を繰り返す」と簡単に言いましたが、犬を散歩のたびにしつけていると、最初は散歩どころではありません。

しかし何度も言いますが、これを怠ると犬、飼い主、周りの人々に多大な迷惑や危険が及ぶ可能性が大きくなります。

道路で何度も立ち止まるのは、正直言って面倒だとは思いますが、ここは愛犬のために根気よく続けていってほしいと思います。