猫の爪とぎのしつけと爪とぎ器の種類【壁にガリガリしないで】

猫が普通に歩いて柱に向かい、なんの前触れもなく前足を上げて柱をガリガリガリ・・・!!

めちゃくちゃ焦りますよね。

「うおあ!?何すんの!!??」「爪とぎ器はちゃんと置いてあるのに!?」って。

このように、猫の爪とぎの欲求を叶えるためには、爪とぎ器を置いておくだけでは駄目で、しつけが必要なんです。

今回は爪とぎのしつけについて、また、どういった種類の爪とぎ器があるのかを解説します。

猫が爪をとぐ理由

猫にとって、爪をとぐというのは爪を尖らせる、マーキング、ストレス発散といった目的があります。

爪を尖らせるため

猫は常に自分の爪を尖らせておこうとします。

そうすることで獲物を狩るときに爪を立てたり、木などにも登れるようにするのです。

猫の爪は薄い層が何重にも重なる構造をしています。

爪をとぐことで外側の層を剥がし、中の尖った爪が出てくるようになります。

マーキング

猫の前足の肉球には臭腺という、猫の臭いがする液体を分泌する腺があります。

その分泌物を、爪とぎのときに壁や柱にこすりつけて自分の縄張りを主張します。

また、爪の跡そのものもマーキングの役割を果たしています。

前足を高く上げて、なるべく高いところにマーキングすることで、自分を大きく見せようとしています。

ストレス発散

好き勝手に生きているように見える猫にも、ストレスはあります。

そうしたストレスを、爪とぎで発散しているのです。

眠りから目覚めたときのストレッチや伸び、景気づけのように爪とぎをする猫もいます。

猫が爪とぎ器を使うようしつけるためには

猫が気に入る爪とぎ器を見つける

猫に爪とぎ器を使わせるためには、猫が気に入る爪とぎ器を見つける必要があります。

そして爪とぎ器を、いつもガリガリやっている柱や壁のそばに置いて、もしガリガリやりそうになったらすかさずその爪とぎ器をあてがいます。

あるいは壁を覆うように爪とぎ器を設置するのも良いでしょう。

猫が柱よりその爪とぎ器に集中すれば成功です。

しかし爪とぎ器にはいろんな種類があります。

一種類だけ試してみて駄目だったからと言って、すぐに諦めてはいけません。

色々な種類を試して、猫が気に入るものを見つけましょう。

爪とぎ器は、壁などとは材質が違うものを選んでください。

同じ材質だと、猫にとっては「どっちでもいいから、とりあえず壁で爪をとごう」という考えになりかねないからです。

猫が爪とぎ器に興味を持つようにする

せっかく爪とぎ器を与えても、猫はそれが自分の爪をとぐための道具であるということがわからないかもしれません。

そういうときは、前足を軽く持って爪とぎ器にこすりつけてみてください。

前足の臭腺から分泌された液が爪とぎ器に付着するため、そこを自分の縄張りと考えるようになります。

自分の縄張りだと認識したあとは、そこを自分の爪をとぐ場所だとわかるようになります。

ただ、猫がどうしてもその爪とぎ器を気に入らない場合もあります。

そのときは無理やり前足を押し付けたりするのは逆効果です。

粉末のまたたびなどを振りかけてみる、といった方法も試してみてください。

爪とぎ器がボロボロになるまえに取り替える

爪とぎ器がボロボロになり、爪のとぎ心地が悪くなったら、また柱や壁でガリガリやり始める可能性があります。

爪とぎ器の替え時を見誤らないで、こまめに取り替えることも必要です。

猫の爪とぎ器の種類

猫の爪とぎ器の種類は、素材と形状で分けられます。

爪とぎ器の素材

段ボール

一ヶ月程度の寿命しかありませんが、安く手に入ります。

この素材を気に入る猫も多いので、まずは段ボールを試してみるとよいでしょう。

研ぎクズは多く出ますが、爪とぎ器本体を含め、すべて燃えるゴミとして扱えるので、片付けは楽にできます。

といだ感触が木にも似ているため、猫が力いっぱいとぐことができる素材です。

段ボールのようにとぎクズが大量に出るということもありません。

ただし、麻独特の臭いを嫌う猫も居ます。

カーペット

爪とぎ器の表面に、カーペットが付けられたものです。

猫がいつもカーペットで爪とぎをガリガリやるのであれば、これを与えると良いでしょう。

ガリガリやられたくない柱や壁にくっつけておくのも手です。

問題は本物のカーペットでも同じようにガリガリやられることですが、臭腺の分泌液を付着させるとか、粉末またたびをかけるなどして、猫に違いがわかるようにしておきましょう。

引っかかりも耐久性も良く、猫がおもいきり研ぐことができる素材です。

猫がひっかきやすいように、横にスリットを入れてあります。

ただし研ぎクズは結構出ます。

爪とぎ器の形状

爪とぎ器の形状もいくつか種類があります。

縦置き型

いつも壁や柱の高いところで爪とぎをする猫には、縦置き型がおすすめです。

縦方向に伸びているので、スペースも取りません。

あまりぐらついていると、とぎ心地は悪くなるので、足元がしっかりとしているものを選んでください。

高いところでとぐので、ちょっととぎクズが散らばりやすいのが難点ではあります。

横置き型

縦置きが駄目なら横置きです。

背筋を伸ばさず爪をとぐ猫には、横置きがおすすめです。

縦置きが気に入らない猫が、横置きならば気に入ったという場合もあります。

ソファ型

猫がソファのようにだらん、と寝ることもできるタイプの爪とぎ器です。

猫がくつろぎつつ、爪とぎもできます。

この画像のカリカリーナのように、猫の体に合わせたソファタイプで、耐久性も良いものもあります。

すこし値は張りますが、猫がくつろぐ場所も与えてあげたい、という場合にはこの種類をおすすめします。

マット型

カーペットや絨毯で爪をガリガリやるのが好きな猫にはこのタイプがおすすめです。

猫のケージの中に敷いてもよいでしょう。

上述しましたが、臭腺からの分泌液やまたたびを付着させるなど、本物のカーペットと区別を付くように工夫をしてあげてください。

サークル型

爪とぎ器としてだけでなく、ベッドとして使ってくれることも期待できるタイプです。

すこし余裕がある程度の大きさのもののほうが、猫にとっては入りやすく寝やすいようです。

サークル型の壁の内側でガリガリするようになっているので、とぎクズが外に出づらいというメリットもあります。

最後に

上述のとおり、猫がガリガリやってしまうのは習性ですので、やめさせることはできません。

となるとできるのは、ガリガリやる場所を誘導することだけです。

猫にとって柱や壁よりも気持ちよくガリガリできるところを作ってあげてください。

どんな爪とぎ器が気に入るかというのは完全に個体差がありますので、根気よく色々試して、駄目なら別の爪とぎ器を与えるようにしましょう。